ファミリーレストラン ウェイトレス

ファミリーレストランのウェイトレス

大学時代には、本当にたくさんのアルバイトというものを経験してきました。初めて経験したアルバイトというのは、大きなスーパーに入っているファミリーレストランのウェイトレスでした。働くということ自体がまったくの初経験でしたので、本当に緊張しました。大きな声で、お客様にあいさつをしたり、レジを使ったり、料理を運んだりと、失敗しないようにというのが精一杯だったことを覚えています。最初のうちは、緊張感があるおかげか、うまくこなせていました。しかし、これが不思議なことに、慣れてきたような頃に、大きな失敗というものを経験してしまったのです。この失敗というのが、運んでいた料理をおぼんから落としてしまい、コップやお皿などを割ってしまったのです。やはり、慣れてきたころに、気のゆるみが出てしまうのですね。この経験から、働くということやお金を稼ぐということの大変さというものを初めて学ぶことが出来ました。この経験は、社会人になってからも生きているといえると思います。
ファミレスのウェイトレスバイト