アルバイト 社会勉強

アルバイトは社会勉強になった

大学生になるまでアルバイトをしたことがなく、大学入学を機にアルバイトを始めようと思った。
PCを使う仕事に興味があったため、データ入力の短期募集があった百貨店でのお中元の受付をすることにした。
研修が丸2日ありしっかりしており、初めてのアルバイトにしては、楽しみながら仕事していた。
それでも、熟練のパートのおばさんと仲がうまくいかず、短期バイトでも辞めてしまうことになった。

 

そのバイトを通して接客が楽しいと思えたため、次のアルバイトは飲食店にし、自宅から徒歩10分程度の、夫婦で経営している小さなお店で働くことになった。

 

そこのアルバイトは、お店自体が小さいためアルバイトの人数が少なく、ホールもキッチンも一人でこなさなければならず、覚えることもたくさんあった。
それでも大学卒業まで続けることができたのは、お店のご夫婦や他のアルバイトの人がみんないい人で、周囲の人が良ければ多少大変な仕事も続けられることに気付いた。
仕事も社会人に必要なビジネススキルに近いものを学ぶこともでき、小さなお店だからこそ、一人ひとりの責任も大きく、その分とても良い社会勉強になったと思う。