バイト探し

バイトに対する考え方

学生・主婦・副業としてアルバイトを探す人は少なくありません。
また、内容もサービス業・事務・在宅でできるものなど多岐に渡ります。
沢山のアルバイトがあり、迷うかもしれません。
そこで、アルバイトを探す際に私がお勧めすることは、「迷ったら全てに応募するべき」ということです。
アルバイトにエントリーする際は、こちら側は選ばれる側であり、選ぶ側では無いのです。
1つにエントリーしてだめだったら次にバイトを探すというのでは、効率的ではありません。
採用が決定するまで時間がかかりますし、仕事になれるという面でもできるだけ早く始めることが重要です。
またアルバイトの新人トレーニングをしていた経験から、雇う側もそのことを重々承知しています。
アルバイトに対しエントリーは多数ありますから、断られても他の人を採用すれば済む話なのです。
まじめな人ほど、1つ1つにエントリーする傾向にあります。
しかしながら、多くのアルバイトにエントリーし、採用を受けた中から1番良い条件のところで働くのが良いでしょう。

バイトに対する考え方記事一覧

アルバイトは社会勉強になった

大学生になるまでアルバイトをしたことがなく、大学入学を機にアルバイトを始めようと思った。PCを使う仕事に興味があったため、データ入力の短期募集があった百貨店でのお中元の受付をすることにした。研修が丸2日ありしっかりしており、初めてのアルバイトにしては、楽しみながら仕事していた。それでも、熟練のパート...

≫続きを読む